子供の矯正

お子様の歯並びのお悩みはお早目にご相談ください

お子様の歯並びのお悩みはお早目にご相談くださいお子様の歯並びが心配な親御様からよく、「いつから矯正治療を始めればいいのでしょうか?」というご質問を承ります。お子様の矯正治療を始めるタイミングはその子の歯並びや成長などによっても異なるため、一概にお伝えすることはできません。しかし、すぐに矯正治療を始めるかどうかはともかくとして、早めにご相談頂くことをおすすめします。

お子様の矯正では、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)に顎の成長発育を利用して、永久歯を正しい方向に導く治療が中心となります。しかし、適切なタイミングを逃すとこうした「お子様ならではの治療」が行えなかったり、十分な治療効果が得られなかったりすることがあります。また、受け口(反対咬合・下顎前突)などの骨格的な問題がある時には、乳歯列期に治療を開始した方が良い場合もあります。

お早目にご相談頂ければ、治療計画を立てて、その子にとって最適なタイミングをはかることができるようになります。後々、「あの時、相談していれば…」と後悔しないためにも、お子様の歯並びが心配な親御様は当院の無料カウンセリングまでご相談ください。お早目のご相談が、大切なお子様の歯並びを守ることに繋がります。

歯並びの乱れを放っておくと…

歯並びの乱れを放っておくと…歯並びの乱れを放っておくと、毎日のブラッシングなどのケアが行いにくくなるため、虫歯などのリスクが高くなります。また、大人になった時にお顔の形が歪んでしまうこともあります。そのほか、お口まわりだけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす場合がありますので、悪い歯並びはそのままにせずにお早目に当院までご相談ください。

虫歯になりやすくなる

歯並びが悪いと、毎日のブラッシングなどのケアが行いにくくなるため、虫歯になりやすくなります。その結果、歯を失うことにも繋がりますのでご注意ください。

ものがしっかり咬めなくなる

歯並びが悪いと、硬いものなどがしっかり咬めなくなることがあります。

胃や腸に負担がかかる

しっかりものが咬めなくなることで、よく咬まずに食べ物を飲み込むようになるので、胃や腸に負担がかかることがあります。

顔貌が歪む

歯並びが悪いと、口元の筋肉の発育不足などが原因で、大人になった時にお顔の形が歪んでしまうことがあります。

発音しづらくなる

歯並びが乱れていて歯と歯の間に隙間があると、そこから空気が漏れてサ行やタ行が発音しづらくなることがあります。

お子様の歯を守るためにお伝えしたいこと

お子様の歯を守るためにお伝えしたいこと矯正治療が始まり固定式の装置を装着すると、歯磨きなどのケアが行いにくくなりますので、お子様だけに任せるのではなく、親御様も仕上げ磨きをしてあげてお口の健康を守ってあげるようにしてください。

また、座る時や寝る時などの姿勢が悪いと、頭の重さが顎にかかって歪んでしまったりすることがありますのでご注意ください。「指しゃぶり」「爪を噛む」「ものを飲みこむ時に舌を突き出す」「口呼吸」などのお口まわりの悪癖も歯並びを悪くする原因となる場合がありますので、気づいた時にはできるだけ止めさせるようにしましょう。

子供の矯正にはこんなメリットがあります

抜歯が回避できる確率が高くなる

お子様のうちから矯正を始めることで、2期治療(本格的な装置を使った矯正)に移行した場合でも抜歯が回避できる確率が高くなります。

2期治療の治療期間が短くなる場合がある

お子様のうちから矯正を始めることで、2期治療が必要になった時でも、ブラケットなど装置を装着する期間が短くなる場合があります。

仕上がりがきれい・後戻りしにくい

お子様のうちから矯正を始めた方が、大人になってから始めるよりも歯並びがきれいに仕上がる確率が高くなります。また、矯正治療後の後戻りも起こりにくくなります。

虫歯になりにくくなる

矯正治療で歯並びをきれいに整えることで、毎日のケアが行いやすくなり、効果的に虫歯を予防することができるようになります。

子供の矯正の方法

お子様の矯正治療の場合、大人の矯正のように最初からブラケットやワイヤーなどを用いた装置を使用するわけではありません。お子様の矯正は大きく「1期治療」と「2期治療」とに分かれ、1期治療で歯並びが改善しなかった時などに2期治療へ移行します。この2期治療で、大人の矯正のように本格的な装置を使って歯を動かしていきます。

1期治療

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)に行われる治療です。顎の成長発育を利用して、永久歯を正しい方向に導く治療が中心となります。1期治療を受けることで、2期治療が必要になった場合でも、抜歯が回避できたり、治療期間を短縮させることができたりする場合があります。

2期治療

1期治療で歯並びが改善しなかった時などには、2期治療へと移行します。2期治療とは永久歯列期(永久歯に生え変わった時期)に行われる治療で、本格的な矯正装置を使って歯を動かしていきます。

お子様が「矯正を嫌いにならない治療」を心がけています

お子様が「矯正を嫌いにならない治療」を心がけています矯正治療を始めると、そのお子様とは長いお付き合いになります。その間、お子様に負担がかかり過ぎると、矯正が嫌いになって途中でドロップアウトしてしまうことも。そうしたことがないように、当院ではできるだけお子様への負担が少ない装置を選んで使用するようにしています。

お子様の矯正装置には様々なものがありますが、できるだけご自分で取り外せる装置を選ぶようにしています。お子様によっては固定式の装置を使わなければいけない場合もありますが、慣れるまでに時間のかかる装置はできる限り使用しないように努めています。

子供の矯正装置の種類

拡大床

ネジを巻いてスクリューを移動させることで、顎の骨を拡大する装置です。ご自宅で簡単に取り外すことができます。

リンガルアーチ

歯の裏側に装着する固定式の装置です。主に歯列を左右や前方に拡げる時に使います。歯で隠れるので装置が目立つ心配はありません。

クワドヘリックス

金属のバンドを臼歯に取り付ける固定式の装置です。歯列の幅を拡げる時などに使用します。

ヘッドギア

顎を支えとして、ゴムを使って上顎の成長を抑えて奥歯を後ろに牽引する顎外装置です。牽引する力を調整しながら、顎の成長をコントロールします。

上顎前方牽引装置

上顎の成長の促進と、下顎の成長の抑制を同時に行う顎外装置です。額と顎にパッドを取り付けて支えとして、その間にあるゴムを使って上顎を前に牽引します。

子供の矯正のよくあるご質問

何歳から矯正治療を始めたらいいのでしょうか?

矯正治療を開始するタイミングはお子様によって違うため、一概に「○歳から始めましょう」と言うことができません。ですが、その子にとって最適なタイミングを逃さないためにも、早めにご相談頂くことをおすすめします。

子供の矯正は時間がかかると聞いたのですが…

お子様の矯正では「1期治療」「2期治療」とステップを踏むことがあるため、治療期間が長くなる傾向にあります。ですが、顎の成長発育を利用して永久歯を正しい方向に導くことができるので、大人になってから始めるよりもきれいに仕上げることが可能で、後戻りも少ないとされています。

子供が受け口気味なのですが治療は必要ですか?

実際にお口の状態を診させて頂かないと判断できませんが、受け口などの骨格的な問題がある時には通常よりも早め矯正治療を開始した方が良い場合があります。お早目に当院の無料カウンセリングにご相談ください。

子供が指しゃぶりをしているのですが…やめさせた方がいいでしょうか?

指しゃぶりや爪を咬む癖、口呼吸などのお口まわりの悪癖は歯並びの乱れの原因となる場合があります。気づいたらできるだけ止めさせるようにしましょう。

TEL:078-990-5454
西神南ファミリークリニック西神中央ファミリー歯科舞子坂ファミリー歯科